HOME>イチオシ情報>卵子をもらって受精卵を作る高度な不妊治療とは

メリットと注意点

不妊治療

妊娠を目指した医療行為のことを不妊治療と呼びます。タイミング法や人工授精、体外受精などが一般的ですが、その中で卵子提供という制度があるのをご存知でしょうか。卵子提供とは、女性側に何らかの原因があり妊娠を望めない場合、第三者から卵子をもらって夫の精子と受精させ、子供を作るというものです。実際に出産をするのは妻ですが、我が子と血のつながりはないということになります。卵子提供が妥当と判断されるのは、女性側が超高齢、または若くても卵子が体内にない、などのパターンです。現在日本でこの治療は認められていないので、卵子提供を行う場合はエージェントを通し海外へ行く必要があります。流れとしては、まずは提供者であるドナーを見つけます。ドナーが見つかったら、注射治療などを通じてドナーに卵子を取り出す採卵手術をしてもらい、取り出したら夫の精子をふりかけ受精卵を作り、妻の体内へ移植します。工程は全て海外で行われますが、晴れて着床し妊娠した際は、日本のクリニックで妊婦健診を受けられます。

提供を受ける最大のメリットとは

顕微鏡

卵子提供の最大のメリットは、やはり妊娠率が高くなるということです。女性は年齢を重ねるにつれ、卵子の質はどうしても低下してしまいます。見た目が若くても、卵巣は皆平等に年を取り、作られる数も減っていきます。そこで若くて健康な卵子をもらうことで、受精率も高くなり、妊娠出来る可能性も格段にあがります。ただし、やはり一般的な方法ではないため、費用もかかりますし女性側と血のつながりはない、という部分がネックになる人もいます。卵子提供を受ける際は、夫婦や両親と話し合い、双方が納得した形にすることが大切です。また、提供者のドナーの容姿や国籍は選べないので、注意しておきましょう。かわいいわが子に出会うため卵子提供を受ける際には、慎重な判断が必要です。

広告募集中